検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

安心してお留守にできる理由。

こんばんは。ピアレ嫁のヒトミです。

今日は、店長と一緒に出張してきました。

普段履かないヒールのある靴を履いたら、まぁ歩きにくくって。
ちょっとしか歩いてないのに、変な歩き方になって恥ずかしかったです;^_^A





さてさて。
ピアレでは、お盆休みを交代制で取らせていただいてまして。
明日から、店長の休みの番が回ってきました。
というわけで、明日から3日間お休みをいただき、ちょっと旅行へ行ってきます。

こんな大々的に”家が留守”って発表していいの?

だって、最近SNSで
「○○へ旅行中!楽しいなう
↑”なう”は、もう使わないのかな…。

とか書くのもNG!!って言われてますよね。
だって、現在家には誰もいません!お留守ですよってSNSとかでバラしたら泥棒さんの格好の的!ってネットでも注意されているくらいです。


…ピアレのような田んぼに囲まれているところでも泥棒さんの被害報告、結構聞くんですよ。
ホント心配。

なので、ピアレ宅は、

1・2・3・4!!ALSOK(アルソック)に自宅警備をお願いしています!

具体的にこんな感じでピアレ宅は守られています。↓

この機械↓で自宅の警備を操作しています。
暗証番号で自宅の警備のスイッチを入り切りします。
なにかあったら、警報が鳴ります。
有事には自分で警報を鳴らすこともできます。



このセンサーで、空間警備をします。警備中に動くものがあると感知します↓
(ピアレ嫁はお掃除ロボットを、留守の時にセンサーのある部屋で動かして、センサーに感知され、不法侵入者として警報を鳴らしてしまったという前科があります。すみません。)



窓のセンサー↓警備中に窓が開くと感知します。




ピアレ宅は、留守中や寝てる間などにALSOK(アルソック)で泥棒さんなど不審者の侵入を警備してもらっています。
(人がいるのわかってて入ってくる泥棒さんには正直ガクブル…。)

留守中などに侵入者を感知すると、即店長やピアレ嫁に連絡が入ると同時に
屈強なガードマンさんが即自宅に駆けつけてくれます。

ホントに早いんです。
ピアレ宅でも誤って警報を鳴らしてしまったことが(何度か)あったんですけど、
即電話かかってきたし
即ガードマンさん出動されてて
誤報の連絡が間に合わずガードマンさんが家まで来られたこともありました(ごめんなさい。)

また、家の周りや窓に”ALSOK(アルソック)で警備中”というステッカーを貼ってくださるので、ステッカーでも不審者への抑止力になっていると思います。

あと、ピアレ宅は自宅警備の他に、
火災報知器もALSOK(アルソック)につけてもらって、
煙を感知したら即消防車を手配してもらえる装備もつけています。
↓火災報知器



これで、もし留守の間に火事が起きても初期の段階で対処してもらえるかなぁと思ってます。
(そんなことあったらホント困る。何もないのが一番ですが一応。)

ALSOK(アルソック)さんには、自宅の警備だけじゃなく、お店の警備や、車庫の警備もお願いしています。
車庫も、カギをこじ開けて車や農作業車を盗難された!って聞いたことがあるのでホント怖い。

例えば、お店をやっておられる方とかで、自宅とお店が離れている場合、こういった警備をお願いできると安心ですよね。

ALSOK(アルソック)の警備に興味のある方は、ピアレで取次もやってますので、お気軽にお声がけください。


というわけで、話が長くなりましたが、
明日から旅行へ行くので、ブログもお休みさせていただきます。
帰ってきたらまた頑張って書くので見てくださいね♥

では、おやすみなさい✨✨


コメント

長男が昨日社長様にお会いしたそうです‼︎

Re:

お久しぶりです!
昨日、社長とお母さんが息子様にお会いしたそうです!
美味しそうなお酒をいただき、ありがとうございます(^^)
お礼が遅くなり申し訳有りません(´ω`;)
またみんなでお会いしたいです(^^)
近くにお越しの際はぜひピアレにもお越しくださいませ(^^)

ありがとうございます‼︎

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ピアレ嫁

Author:ピアレ嫁
結婚を機会に、夫と夫の両親のお店で働いています。
ニュースレターやチラシ作成、夫への応援(頑張れって言う係)担当として日々過ごしています。
背が低いです。おいしいものを食べるのが大好きです。なので、気を抜くとすぐ太ります。本、漫画を読むこと、音楽を聴くことも好きです。
そんなピアレの2代目嫁が日々のできごとをゆるっと書いています。
読むときもゆるっと読んでくださるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ