FC2ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

改めて“お味噌汁”の作り方を教わった話【ヨシノクラフトのお鍋で作ろう!】

こんばんは.
何かイベントがあると、余韻がなかなか冷めないピアレ嫁のヒトミです。

こないだのIHクッキングヒーターお料理教室に参加くださった方が、

「聞いたレシピ作ってるよー♪」
とか、

「頑張って作るわー!」

って言っていただけると、やっぱりうれしくなるし、ピアレ嫁も「頑張らななー!」と思います。

あ、そうそう。
そのお料理教室の打ち合わせの時に、ヨシノクラフトの森先生とお話ししてる中で、とある話題で盛り上がりました。
それが、

“お味噌汁の作り方”の話。

え?お味噌汁?普通の?
って言われるかもなんです…ケド。

そんな”お味噌汁の作り方”

ほんと何気なしに話題に出てきて、改めて作り方を聞いたら、

ピアレ嫁「え?その作り方やったら、めちゃくちゃ楽ですね!」

と聞いてびっくり

これはヨシノクラフトのお鍋を使っている方にはぜひお伝えしたい!

ということがありましたので、今日は、

『ヨシノクラフトのお鍋で作る、楽ちん♪お鍋の特性を生かしたお味噌汁の作り方』

をお届けします。

さてさて。その

“お味噌汁”

ピアレ嫁の今までのお味噌汁は、
①お湯沸かす
②具を入れて火を通す
③ほんだし入れる
④味噌入れる
⑤火を止める
終わり。

やったんですけど、森先生に聞くと、

森先生「もっと時短で節電で、ヨシノクラフトの耐熱性を活かせば、もっと簡単においしくできるよ♪」

っておっしゃるんです。
なので、作り方をしっかり聞いて作ってみました!
ヨシノクラフトのお鍋で作るお味噌汁、まずは↓

①具を切って、お鍋に入れて、お水を入れる↓
※おだし派の方は、お水の代わりにだし汁でOK。



②蓋をして、IHクッキングヒーターの火力:5でスタート。



【注意】笛のフタは必ず開けておくこと。



③笛が鳴ったら火を止める。



大根や、なかなか火の通りにくい根菜とかを具にしている場合は、

笛のフタを閉める

火力は1、2におとす

タイマー1、2分セット
で火を通してください。



火を止めたら、

④ほんだし、お味噌を入れます↓
※だし汁から作る派の方は、ほんだしは省略で。ピアレ嫁はほんだし派なので、ここで入れてます。



お味噌をといて、



お味見↓



よっしゃ、味OK!
になったらここで終了!

お豆腐や、わかめ(乾燥)、ほうれん草は、ここで具を投入します↓



余熱で充分火が通ります。
ほうれん草の色がキレイに仕上がります。
以上です!

お味噌も、お鍋の余熱で充分ばっちりとけました。


森先生「お味噌汁は“煮立たせたら風味が飛ぶからダメ”っていうでしょ?この作り方なら煮立たないわよー」

っておっしゃってました。
しかも、

森先生「ヨシノクラフトのお鍋は熱の周りもいいし、耐熱性があるから、根菜が少し硬くても火を止めてふたをしておいたら、余熱で十分柔らかくなるし、冷めにくいからお味噌もしっかりとけるわよー」

ともおっしゃってました。
なるほどなるほど。

ということで、できあがったヨシノクラフト流お味噌汁、食べて見ました。



今回の具は、

●厚揚げ
●玉ねぎ
●エノキタケ
●わかめ
●ネギ

となっております。

食べてみると、なんかいつものお味噌汁より”甘い”気がしました。

いつものお味噌汁もおいしいけど、
いつもはお出汁がとげとげした、
お出汁が刺さる感じの味…
…んーピアレ嫁の感覚の説明がビミョーだな。
とにかく、いつもよりやわらかい、甘い感じの味がしました。

具はいつもと一緒で、
お味噌も、ほんだしもいつもと一緒。
違うのは作り方だけ。

しかもいつもよりIHクッキングヒーターを付けてる時間が短いので、電気代の節約にもなりました。

ヨシノクラフトのお鍋、あんなに『良さ』を皆さまにお伝えしているのに、改めてお味噌汁の作り方を聞いてびっくりしたピアレ嫁。

おうちでヨシノクラフトのお鍋をお使いの方、ぜひこのお味噌汁の作り方、おうちで一度お試しください!
そんで感想をまた教えてくださいね♪


*使ってみた!シリーズ
コチラのお鍋は、
ヨシノクラフトのお鍋でお届けしました!


★★★★★★★★
ピアレはLINEをしています。
お友だち登録してもらうと、ピアレとLINEができます。
修理のご依頼や家電のご相談などお気軽にLINEください。
ご登録はこちらから↓
友だち追加
LINE友だちだけのおトクな情報や、ご案内もありますよ♪

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ピアレ嫁

Author:ピアレ嫁
結婚を機会に、夫と夫の両親のお店で働いています。
ニュースレターやチラシ作成、夫への応援(頑張れって言う係)担当として日々過ごしています。
背が低いです。おいしいものを食べるのが大好きです。なので、気を抜くとすぐ太ります。本、漫画を読むこと、音楽を聴くことも好きです。
そんなピアレの2代目嫁が日々のできごとをゆるっと書いています。
読むときもゆるっと読んでくださるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ