FC2ブログ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

昨日の夜のこと。



…あ、

これはホントに避難せなあかんやつかも。




って昨日の夜は思いました。
こんばんは、ピアレ嫁のヒトミです。

台風、すごかったですね。
夕方から風と雨がひどくなってきて、

「あ~こりゃ本格的に台風来たな~」

って感じでそのまま夜になりました。
社長も早めに帰ってきてくれて、何やかんやとブログ書いたり、新しいテレビのコトを教えてもらって勉強したりしながら暴風域を抜けるのを待ってました。

夜9時ごろに暴風はおさまってきて、社長と、

「風、早よおさまってよかったな~」

と言って寝たのが11時すぎ。
たしかその頃には、土砂災害警戒情報が出てたと思います。


で、夜中2時ごろ。
社長に、会長から、

会長「近くの川が氾濫するかもしれん!」

と電話があったと同時に、
ピアレ嫁の携帯の防災アプリが異常なほど大きな音で、

「避難勧告 長浜市」

とお知らせしてきました。
びっくりして飛び起きました。
どうやら近くに流れる姉川が氾濫しそう、と。
その氾濫しそうな姉川って、ここ。ホント目と鼻の先。直線距離にして1kmか2km。↓

@ピアレ宅2階から撮影。


ピアレのすぐ近く橋がもうあふれそうだ、と。
夜中にパトカーがいっぱい停まっているのが見えました。
実際、長浜市内もパトカーの音がすごかったって今日、スタッフが言ってました。

会長と社長は外の様子とピアレのお店の様子を見に行ってくれて、ピアレ嫁は家に待機して、ひたすら情報収集しました。



テレビやTwitter、Facebook、インスタのタイムライン、防災アプリから送られてくる緊急速報などで最新情報を検索。

結果的に最新情報が1番手に入ったのはTwitterでした。
近くの方のつぶやきや情報、NHKニュースがリアルタイムで流れてきました。

普段、一言もつぶやかないけど、
「こーゆーときはTwitterアカウントあってよかったな…」
と思いました。

ホント、いつこっちに川が氾濫してくるか?っていう状況でドキドキ1人で待ってたら、ピアレのお店を見に行った社長が帰ってきて、

社長「今んとこ外も、周りもピアレのお店も大丈夫。でも近くの小さい川が今にもきれそう。

もしかしたら避難せなあかんかもしれんけど、荷物まとまったる?」

と。
マジで?ホントに?避難せなあかんほど危ないの?と思いました。
荷物はすぐまとめられるようにしてあるし、防災グッズも前にをまとめておいたので、
「使うかわからんけど…と思ったけど、防災グッズまとめといてよかった。」
と思いました。
”滋賀県ほど災害が少ないとこは無い”
って聞いたコトもあったのでホント、びっくりです。

社長はホントに避難するようなことになれば、
自治会や消防団で出動があるかもしれない、とのことだったので、もしそうなったら大変やし、

ピアレ嫁「出動あるとあかんで、とにかく今は寝ておいたら?ピアレ嫁が代わりに起きとくから何かあったらすぐ起こすわ。」

と社長にはとにかく今のうちに寝てもらって、そこからピアレ嫁は一晩中テレビをつけてNHKを見ながらTwitterで検索を続ける夜を過ごしました。
この時は、「有事のときにケータイは必須!何かあったらSNS役立つ!」と思っていたので、とにかく2人のケータイの充電だけは切らさないように…と充電器とケータイを握りしめていました。
うとうと…ってすることもあったけど、防災アプリから緊急速報が頻繁にくるので、その音で目を覚ませました。

で朝。
夜も明けて、雨も落ち着いてるし、大丈夫かな?
と外を見てたら、自治会から「まだ気を付けて!」と防災放送が入りました。

外の様子をうかがいにペスの散歩へ行ったら、ヘリコプターがブンブン飛んでました。



しかも1機だけじゃなく何機か飛んでるようでした。報道ヘリコプターかな?

そして、ピアレのお店がある道のお向かいの田んぼにはお水がジャージャー流れてきてて、稲がほぼ半分水につかってしまっていました。
その道から北の姉川に近いところは道路に川の水があふれて大変だったみたいです。
ホントに同じ町内なの?次はこっちもあふれるんじゃないの?と不安に思いました。
ピアレのお店と道が1本違うだけだけやのに、と。

一応、お店は通常どおり営業を始めましたが、社長が仕事に向かう途中の姉川にかかる橋は、こんな感じ↓



と写真を送ってくれました。
この川の近くに、いっぱいお客さまがいらっしゃるので本当に心配しています。
大丈夫でしたでしょうか?

雨がやんでも風がやんでも防災緊急速報は鳴りやまず、避難勧告も取り消されない不安な1日でした。

お昼頃、ピアレからLINEお友だちの方へ、お元気でいらっしゃるか?お困りごとはないでしょうか?とご連絡させていただきましたが、お返事くださる方々口をそろえて、

「ピアレの方が大丈夫やったんか?」

とご心配いただきました。
「姉川が近いので、心配してた。」などとお声がけいただきました。
本当にありがとうございます。
LINEやfacebookで現状のお声掛けあいができるって、SNSの良いところやなーと実感しています。

他にも、朝からメールや電話で無事か?と何件もお声がけいただきました。
本当にありがとうございます。
おかげさまでスタッフ全員&ペス、ピアレのお店、無事であります。

それでも、避難されていたり水害にあわれた皆さまもいらっしゃいます。
どうぞ、お困りごとがありましたらピアレまでご連絡くださいませ。



どうか、1日も早く普段の生活に戻りますよう、お祈り申し上げます。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ピアレ嫁

Author:ピアレ嫁
結婚を機会に、夫と夫の両親のお店で働いています。
ニュースレターやチラシ作成、夫への応援(頑張れって言う係)担当として日々過ごしています。
背が低いです。おいしいものを食べるのが大好きです。なので、気を抜くとすぐ太ります。本、漫画を読むこと、音楽を聴くことも好きです。
そんなピアレの2代目嫁が日々のできごとをゆるっと書いています。
読むときもゆるっと読んでくださるとうれしいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ